一般社団法人
ヒューマン&アニマル・ライツ機構
Human and Animal Rights Organization

会員募集

会員募集

トップページ会員募集

正会員の特典

私たちは、殺処分ゼロを目指すのと同時に、ペット・飼い主・動物たちの住み易い環境を作るために、法律家・政治家が集まった団体です。ネットワークもあり、国会・行政にご提案もさせて頂き、飼い主の権利・動物を愛する人たちの権利を拡充し、そしてペット・動物たちの地位向上を目指します。
殺処分の原因(なぜ保健所等に連れてくるのか)を探り、その主な原因の一つ一つに対応する私たちができる範囲の対策プロジェクトを立ち上げ、無駄に殺される命の数を減らせるよう尽力して参りたいと存じます。 是非HAROの仲間となって、HAROの応援をお願い致します。

また、猫は飼い主にねずみを捕ってプレゼントをします。当機構は名誉総裁が猫ということもあり、会員様には、HAROに入っているから安心というものをご提供させて頂きます(会員特典1~6)。 HAROの応援よろしくお願いいたします。

HARO正会員の特典

安心提供
1. 弁護士作成による緊急救助依頼カード 詳細
2. 法律集団HAROが、ペットと家族をお守りする 家の玄関に貼るステッカー 詳細
3. ペットに何かあったときの法律相談(メールにて)(初回のみ無料)
4. ペットと飼い主の生活基盤である、飼い主の雇用問題の法律相談
5. 飼い猫他ペットが迷子になったときに、情報を求める発信サポート
(フォロアー+いいね計16000人以上の「猫 ジャンヌダルク」で)
6. 飼い猫他ペットが病気になったとき、治療方法などの情報収集呼びかけサポート
(フォロアー+いいね計16000人以上の「猫 ジャンヌダルク」で)
7. まだ公表できないプロジェクト等、HAROの会員様だけに知って欲しい活動報告
8. 理事&専門家チーム交流会 招待または優待(会場等による)
9. HARO ジャンヌ隊に自動的に入隊し、特典・ジャンヌ隊缶バッチ・ポスター他プレゼント
10. 会員ジャンヌ達員のみ、報交換サイトFB秘密のグループへのご招待
11. ペット HAROアニマル隊 入隊権利 (10匹まで無料)
ジャンヌ隊特典
1. 隊員証明書
2. ジャンヌ隊 缶バッチ
3. ジャンヌ隊ニュースレター
4. HARO ジャンヌ隊情報交換会(東京)の無料参加招待
5. 周知イベント ボランティア活動 (東京近郊 希望者のみ)
6. 餌やりさん他猫ボランティアの方には、活動サポートポスターチラシをプレゼント
ジャンヌ隊員一人でできる活動KIT
「ジャンヌ隊員一人でできる活動KIT」の内容
KIT①
「緊急救助連絡お願いカード」 カバー付き 20枚
KIT②
ポスター「動物虐待防止」貼付・配布 20枚
KIT③
ポスター「遺棄は犯罪。猫を捨てただけでは済みません。」貼付・配布 20枚
KIT④
ポスター 「命をつなごう 何かのために事前に託せる人を決めておこう」貼付・配布10枚
KIT⑤
ポスター「救助隊用 ドアの後ろに貼る緊急連絡先ー私達猫がいます」配布10枚
KIT⑥
ポスター「放し飼いの飼い主に 母子猫をお守りください」貼付・配布 3枚
KIT⑦
ポスター「猫の交通事故がありました」20枚
KIT⑧
ポスター「マイクロチップ確認ステーション」2枚
KIT⑨
「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 3問編 」10枚 (20名×10枚=200人)
KIT⑩
「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 10問編」 5枚 (20人×5枚=100人分)

■正会員 年間 1万円 (入会金 2000円)
■家族会員 お一人 一千円 
■法人会員 年間 3万円
■ご寄付 :一口 一千円以上

※ご家族の方は、HARO家族会員として、年会費1000円にて入会できます。(入会金なし)
家族会員は、①HARO家族会員カード(裏面は弁護士による緊急連絡依頼カード) ②ジャンヌ隊員証カード ③ジャンヌ隊員缶バッチ ④活動したいポスター20枚 をお送りいたします。
ジャンヌ隊缶バッチを、ご家族一緒にして、ご活動ください。
(家族会員のお申し込みは、お名前、 年代、お子様なら、小・中・高・大学生の別を、メッセージにお書きください。)

こちらが特典①の紹介です。
特典①の紹介

(HARO林弁護士による 緊急救助連絡お願いカード)

この緊急救助連絡カードは、飼い主が外出先で事故などにより救急車で運ばれる事態を想定し、残されたペットのために面倒を見てくれる人に連絡を取ってもらえるようにするカードです。
健康保険証と一緒にバックに入れておいて下さい。
救急車・医療機関では、必ず健康保険証を持ち物の中から探すそうです。そこでこのように、弁護士からの依頼と書いてあると、連絡をしてくれる確率がかなり高くなるでしょう。
またこのカードで、弁護士がついている・裁判のリスクもあるということが感じられ、よく聞く救急車の搬送先のたらい回しなどを避けることができるかもしれません。また先方が医療ミスと言われないように早期の的確な対応をすることにつながると信じております。
どうか、名誉総裁猫ジャンヌダルクよりメッセージがあるように、健康保険証と一緒にお持ちください。

こちらが特典②の紹介です。
特典②の紹介

(HARO会員の家の玄関に貼る、
犯罪から守るステッカー)

外で犬を飼っていたり、放し飼いの猫がいると、いたずらや嫌がらせをペットに向けてくる人がいます。
そこでセキュリティー会社のステッカーが貼ってあると泥棒が構えるのと同じように、このステッカーは、動物虐待犯人に対し、HAROが許さないことを伝えます。

(実際にあった犯罪)
・飼い猫を捕まえられ保健所に持ち込まれ、飼い猫が間接的に隣人に殺された。
・庭に来て餌をあげている猫に、隣人がイノシシ用罠をかけ大けがをさせた。
・家の前につないでいた飼い犬に、スプレーでペンキを塗られた。
他悪質なのがあります。

また、ペット問題だけでなく小さなことで難癖をつけてくる近隣にも、このステッカーがあることにより、法律家がついていることを知らせることができます。
(効果の例)HAROの会員様宅の庭で飼っている猫のことで、嫌がらせをしたり大声でクレームを言ってくる隣人に対し、このステッカーを貼りHAROのHPを見せたら、隣人がおとなしくなったという例がありました。

またこちらは、黄色くて目立つようにしていますので、夜間の餌やり、夜間の女性の一人歩きなどする際は、首から下げる身分証明証に入れる、または自電車に貼り付けるなど目立つようにしてご使用してみてください。 (犯罪者が「これはやめておいた方がいい」と思うかもしれません。)

HARO正会員の申し込みフォーム

■正会員 年間 1万円 (入会金2000円)
■法人会員 年間 3万円
■ご寄付 :一口1000円以上
※家族会員 お一人 年間1000円(入会金なし)

下記の必要事項に入力し、送信ボタンを押してください。

氏名
例)山田 太郎

ふりがな
例)やまだ たろう

生年月日

郵便番号
半角数字

住所

電話番号
(携帯可)
例)012-345-6789

メールアドレス
例)info@haro-law.org

ペット 犬 猫 何匹
名前 歳 種類(犬種)など詳細について入力してください。

エサやりさんですか?

エサやりサポートグッズ 「置き餌しないで」ポスターをプレゼント

TNRさんですか?

TNR活動を邪魔されないよう「TNR活動周知」ポスターをプレゼント

メッセージ
家族会員の申し込みはここに、家族の名前と年代、小学生・中学生・高校生・大学生と何年生かもご記入ください。

ご寄附口座

銀行名 ゆうちょ銀行
口座番号 10180 4044391
口座名 一般社団法人 ヒューマン&アニマルライツ機構
銀行名 三菱東京UFJ銀行 五反田支店
口座番号 (537)0458166
口座名 一般社団法人 ヒューマン&アニマルライツ機構

HARO正会員特典7 ジャンヌ隊 入隊

以下の紹介は、HARO会員の特典に含まれている「ジャンヌ隊(賛助会員)」の特典です。


ジャンヌ隊員 募集

ジャンヌ隊員 募集
ジャンヌ隊
ジャンヌ隊員 証明書

(ジャンヌ隊員 証明書)

ジャンヌ隊 缶バッチ

(ジャンヌ隊 缶バッチ)

動物を助けるお手伝いをしたいが、何をしていいいか分からない。また地域のボランティアに参加するには時間がない、敷居が高いという方、ロビイスト猫ジャンヌダルクと一緒に、一人でもすぐにできる簡単な活動をしませんか。
「ジャンヌ隊一人でできる活動KIT」 をお送りします。その中でご自分に合った活動を選び活動してください。

ジャンヌ隊に入隊すると、以下の特典が受けられ、以下のセットをお送りいたします。

  • 隊員証明書
  • ジャンヌ隊 缶バッチ
  • ジャンヌ隊ニュースレター
  • HARO ジャンヌ隊情報交換会(東京)の無料参加招待
  • 虐待現場・遺棄現場にて、周知活動 (緊急 出動要請 希望者のみ)
  • 「ジャンヌ隊員 一人でできる活動KIT」 プレゼント

「ジャンヌ隊員 一人でできる活動KIT」の内容

  • KIT①「緊急救助連絡お願いカード」 カバー付き 20枚詳細
  • KIT②ポスター「動物虐待防止」貼付・配布 20枚詳細
  • KIT③ポスター「遺棄は犯罪。猫を捨てただけでは済みません。」貼付・配布 20枚詳細
  • KIT④ポスター「命をつなごう 何かのために事前に託せる人を決めておこう」貼付・配布10枚詳細
  • KIT⑤ポスター「救助隊用 ドアの後ろに貼る緊急連絡先ー私達猫がいます」配布10枚詳細
  • KIT⑥ポスター「放し飼いの飼い主に 母子猫をお守りください」貼付・配布 5枚詳細
  • KIT⑦ポスター「猫の交通事故がありました」20枚詳細
  • KIT⑧ポスター「マイクロチップ確認ステーション」2枚詳細
  • KIT⑨「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 3問編」10枚(20名×10枚=200人)詳細
  • KIT⑩「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 10問編」 5枚(20人×5枚=100人分)詳細

*えさやりさん、TNRさんには、活動サポートとして、「置きえさしないで」「知ってください。TNRと耳カット」のポスターをお送りいたします。

入会金 2000円
会費は一か月ワンコイン500円の年間6000円です。
HAROの正会員の方は、自動的にジャンヌ隊員となっています。(登録不要です)

※家族会員として、年会費1000円にて入会できます。(入会金なし)
家族会員は、①ジャンヌ隊員証カード ②ジャンヌ隊員缶バッチ ③活動したいポスター20枚 をお送りいたします。
是非、ご家族で一緒にジャンヌ隊バッチをして、活動をしてください。

KIT①「緊急救助連絡お願いカード」 20枚 
友達とそのペットを守ろう「緊急救助カード」+裏「ジャンヌの知ってもらいたい9項目」
KIT①「緊急救助連絡お願いカード」 20枚

こちらは、ペットを飼っているお知り合いの方に、「何かがあったら大変だから、このカードを健康保険証と一緒に持っていてね。」と差し上げてください。
友人と会いお茶・食事をしたついで、お渡しするという簡単な活動です。

このカードのポイント①
このカードは、何かがあったらという事態を考えてもらえるきっかけにもなります。
H25年度は飼い主の死亡入院その他の理由により飼い主・遺族から殺処分所への持ち込みが4万件もありました。飼い主が事前に考えていれば、殺されなかった命もたくさんあったはずです。

このカードのポイント②
またこちらは、医療機関が連絡先を得ることにより、迅速な対応をしてもらえることに繋がり、ご本人のためにもなります。

こちらは、一枚はジャンヌ隊員の方もお持ちください。
またご家族同士の連絡先を入れておくのもいいかと思います。

このカードのポイント③
カードの裏には、ジャンヌが「知ってもらいたいこと9項目」が書いてあります。
このことを国民全員が知れば、かつて喫煙国であった日本が今のように変われたように、動物への意識も変わります。
お渡しするときに説明をして頂けると有難いですが、まだ自分では説明できない、話すのは苦手という方は、「裏面も見ておいてね。」とお渡しするだけで大丈夫です。

KIT② ポスター「動物虐待防止」貼付・配布 20枚
KIT② ポスター「動物虐待防止」貼付・配布 20枚

動物虐待事件が至る所で起きています。

しかし、ほとんどの方が動物愛護法を知らず通報されませんし、目撃情報も集まりません。

KIT② ポスター「動物虐待防止」貼付・配布 20枚

これでは、犯人を捕まえることもできず、犯人の犯行続行を阻止するもとできず、第二第三の被害猫が出てしまいます。2015年に起きた連続事件、事件として扱われたのだけで20件も続きました。本当はその5倍以上はあったかもしれませんね。

このポスターのポイント①
「警察は動物のためにも動いてくれます。」という文言がありこと。
多くの人に「動物虐待は110。警察は動物のためにも動いてくれます。ご存知ですか?」と聞いていますが、「動物のために110番してもいいんですか?」と逆に聞かれます。これでは、通報されず事件化もしてもらえませず、犯人逮捕されません。

このポスターのポイント②
「動物愛護法に抵触する虐待事件です」という文言がありこと。
「猫が死んでいます。」という通報では、清掃に回されるなど、動物虐待の担当・生活安全課につながりません。110番した際に、この言葉を添えていただけると、生活安全課につながるそうです。(6か所の警察署生活安全課の方にお話を伺い、ご指導していただいたものです。)

このポスターのポイント③
こちらのポスターは元警察OB元県警本部長(県警のトップ)の小野次郎先生が笑顔のにらみを利かせてくださっています。
犯人に「これは捕まるかもしれない」と思わせるもの。
また、交番のおまわりさん(地域課)の方でも、動物愛護法をご存じない方がいらっしゃり、「動物のことは愛護団体に相談してください」と交番で言われた方がいましたが、このポスターを見ていただけたら、対応すべきことと思います。

このポスターのポイント④
作成時に警察署・警視庁で確認して頂き、ご指導を頂き手直し完成したものです。

KIT② ポスター「動物虐待防止」貼付・配布 20枚

またこちらのポスターは岩国警察署・岩国市川下交番・浦安市役所でも貼って頂きました。行政関係にも是非お願いいたします。

※ポスターは、先生あり、先生なし 各10枚合計20枚をお送りいたします。政党・ジャンヌちゃんが大好きなどの理由で先生なしポスターをご希望の方はメッセージ欄にその旨記載をお願いいたします。

KIT③ポスター「遺棄は犯罪。たかが猫を捨てただけでは済みません。」貼付・配布 20枚
KIT③ポスター「遺棄は犯罪。たかが猫を捨てただけでは済みません。」貼付・配布 20枚

動物を遺棄することは犯罪です。動物虐待は犯罪ということを知っている人でも、猫を捨てたら犯罪だなんて知らない方多いです。田舎では人前でそろそろ捨てに行かないと平気で言っている人がいました。

このポスターのポイント
「たがが猫を捨てただけで済みません。犯罪です。」の文言。
このポスターが貼ってあると、近所で、「あの産まれた子猫たちはどうしたの?」と聞かれたときに、「捨ててきたよ。」とは言えなくなることです。またこれが浸透すれば、悪いことしているという意識を持ってもらえます。現在では、悪びれることなく「捨てに行ってくるわ。」と言いながら平気で捨てています。

このポスターのポイント②
「特に3時間ごとに授乳が必要な赤ちゃん猫を捨てたら、殺したのも同然です。」の文言
本人(犯人)は、ただ捨てただけと思っていますが、ほとんど助からず死んでいます。間接的に殺したのです。
このポスターは、そのことを気付いてもらうものです。
これは飼い猫の避妊手術の検討につながるかもしれません。

このポスターのポイント③
「届け出だけして、猫は保護してください。殺処分される可能性が高いです。」の文言
警察に遺棄事件と通報・被害届け出をしてください。
しかし、成猫は数日。子猫は即日で殺されてしまう現状もお伝えしています。
それを回避するため、猫の保護はおねがいしますと、伝えしています。

是非こちら、過去に猫が捨てられていたところにお貼りください。

KIT④ ポスター 「命をつなごう 事前に託せる人を決めておこう」貼付・配布10枚
KIT④ ポスター 「命をつなごう 事前に託せる人を決めておこう」貼付・配布10枚

行政による殺処分数は、年間13万匹。
その内なんと、飼い主(遺族)からの持ち込みが4万匹です。(平成25年度環境省HPより)

持ち込み理由には、高齢者の死亡・長期入院・引っ越し・子供の出産などがあります。
これらの ケースは、飼い主がいるのですから、事前に何かあったら託せる人を探せば、未然に防げます。

このポスターのポイント①
このポスターでペットいる高齢者・一人暮らしの方に、自分が後々のことを考えておかないと、ペットが殺されてしまうかもしれないことに、気が付いてもらうきっかけになるものです。

このポスターのポイント②
「ご家族・ご友人・近隣・自治会・ボランティア団と費用を含めて話し合っておいてくだい。」の文言
あらかじめ託せる人を探しておかないと思っている人は多いと思いますが、では誰に頼べばいいのということになり、そんな人はいないわと決め付けられます。ここにはあってみる順番も書いてあり、自治会・ボランティア団体に相談するという案を入れています。

このポスターのポイント③
「ご家族・ご友人・近隣・自治会・ボランティア団と費用を含めて話し合っておいてくだい。」の文言
費用を掛かることを伝えております。

こちらのポスターは、東京司法書士会にも置いて頂いております。

KIT⑤ ポスター「救助隊用 ドアの後ろに貼る緊急連絡先 私達猫がいます」配布10枚

こちらは、主に高齢者と独身の人には必要なものです。またこの空欄を埋めようとすると、誰に託せるかと考えるきっかけになってくれると思います。

KIT⑤ ポスター「救助隊用 ドアの後ろに貼る緊急連絡先 私達猫がいます」配布10枚

このポスターのポイント①
猫は知らない人が来ると隠れてしまい、中にいるということが気が付かれないというものを防げます。
ご本人だけが病院に搬送され、猫が閉じ込められたことがあったそうです。幸いそのケースは飼い主が数日で退院して帰れたので無事だったそうですが、そのまま長期入院などしていたら最悪の事態になっていました。

このポスターのポイント②
緊急連絡先を書く際、最悪の事態を想定してもらえ、何をすべきかを気がついてもらえます。
連絡先を書く際、相手に承諾を得るときに、短期ならいいけど、長期は困るとか、遠く離れたご家族の連絡先を近隣の友人につたえるなど、猫だけなくご本人のためにもなります。

このポスターのポイント③
緊急連絡先がドアの後ろに貼ってあることにより、救助に入った人が迷わず連絡ができ、本人のためにもなります。

KIT⑥ ポスター「放し飼いの飼い主に 母子猫をお守りください」貼付・配布 5枚
KIT⑥ ポスター「放し飼いの飼い主に 母子猫をお守りください」貼付・配布 3枚

田舎の飼い主さんは、飼いネコに子供を産ませて、乳飲み子を平気で捨てるのが現状。
ボランティアさんが避妊去勢の話をすると「うるさいわね」、「かわいそう」、「そんな金あるか」と、逆に怒られるそうです。

このポスターのポイント①
世間では知られていないオス猫の習性をお伝えでき、猫の母子を守れます。

このポスターのポイント②
このポスターを使用することにより、避妊去勢の話を違う視点からお話できます。
これは、オス猫の習性から母子猫を守るために作ったポスターですが、「あなたの猫ちゃんが危ないですよ」「あなたの飼い猫オスが他の家に入って赤ちゃん猫の殺し屋になっているもかしれませんよ」と、ここから会話に入ると相手には上から目線と感じず、そんなこともあるのかと耳を傾けてくれ、「もし子猫が要らなかったら手術しちゃえば」と最終的に避妊去勢の話ができると思います。

KIT⑦ ポスター「猫の交通事故がありました」20枚
KIT⑦ ポスター「猫の交通事故がありました」20枚

現代は車社会、猫の交通事故は毎日どこかで起こっています。
猫が交通事故に遭い横たわっていたら、まだ息があるかもしれないし、再度ひかれてしまうことを避けるために道のわきに猫を置いてください。
また、死体がなくなったら猫が死んでいたことすらも解からなくなります。そこで事故現場周辺に貼ってもらえるよう、この事件告知ポスターを作成しました。
・こちらは、車を運転される方にお配りください。
できればA4ビニール透明袋(雨防止用)と貼り付けるテープと一緒に車に常備し、いざとなったらご使用お願いします。
また車に乗っていなくても、持ち歩いてくださるという方がいらっしゃいましたら、お渡しください。

このポスターのポイント①
死体がなくなっても、ここで事故があったということが周知できます。
猫の死体が横たわっている間はここで事故があったと事は知ってもらえるが、死体を片付けたら何事もなかったようになってしまう。近所の人でさえ、気が付ないことも多い。
このポスターが貼ってあれば、時間が経過しても事故を伝えられます。

このポスターのポイント②
慌てている方でも、最低限記録しておかないといけない項目が入っているので悩まず済みます。
写真を撮らなくても、イメージがわきやすい8つの柄の猫のイラストがあり、簡単にマークをするだけでその特徴を伝えられます。
また、その他の特徴として、首輪があったか否か、しっぽの長短、毛の長さなどの項目もあります。
該当するものがなくても、その他の特徴として書き込める欄があります。

このポスターのポイント③
「発見者からメッセージ」という欄を設けており、保護した場合の連絡先、埋葬したなら埋葬するという伝言を残せます。

こちらは、このポスターのポイント④
事故の場所という項目があるので、現場の目の前に貼るのはもちろんですが、少し離れたところ数か所にも貼ることができ、より広い範囲で猫の事故の周知ができ、飼い主・餌やりさんに伝わりやすくなります。

このポスターのポイント⑤
このポスターは、命の尊厳が感じられ、猫を大切にされます。
世間では、猫のえさやり禁止とか、猫を悪いイメージづけ、禁止対象物のように扱かわれ、「飢え死にしてもかまわないから、禁止」などと猫の命を軽視される傾向にあります。
しかし、このようなポスターが貼ってあることで、猫の命は大切と感じてももらえ、「猫の交通事故に遭ったら、猫を道路のわきに置いてあげてください」運動に繋がります。

このポスターのポイント⑥
このポスター普及し、事故があり貼ってあると、猫の交通事故がいかに多いか認識してもらえます。沖縄では多く殺処分される匹数と同じ匹数が交通事故で亡くなっていると新聞記事もありました。
危険と感じた放し飼いの猫の飼い主に、室内飼いへの飼育方法の変更を促します。

KIT⑧ ポスター「マイクロチップ確認ステーション」2枚
KIT⑧ ポスター「マイクロチップ確認ステーション」2枚

通院されていうる病院に、お願いをしてください。
環境省県市町村がマイクロチップを挿入することを推奨しています。
しかし、迷子になった猫犬がマイクロチップが入っているか読み取ってもらえる所が、市役所保健所一か所しかないことが多いです。これでは保護した人が飼い主を探す手段にもなりません。
そこで町中にある獣医さんはリーダー機をお持ちなので、読み取ってもらえる場所として、通院されている病院に「マイクロチップ確認ステーション」になって貰ってください。

*東京都獣医師会副会長小松先生の「しんゆりがおか動物病院」他になって頂いております。

KIT⑨「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 3問編 」10枚 (20名×10枚=200人)
KIT⑨「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 3問編 」10枚 (20名×10枚=200人)

なかなか行政が積極的に周知活動をしてくれない項目です。行政が周知しないなら、私達でするしかありません。

年会・新年会・歓送迎会・趣味のサークルの集い・町内会など、大勢が集まった会に行かれる際に、必ずバックの中に入れておいてもらいたいのが、こちら「啓蒙活動記録シート 3問」。重要な3問です。

このシートのポイント②
また、知らないという●が多いというデーターが集まれば、応援して下さっている国会議員の先生方に国会で質問して頂くことができ改善につながります。
多くの人に聞いて、●を集めてください。

・3問ですから一人の時間が短く大勢集まった時に適しています。
・用紙が無くなったら、コピーしてお使いください。

2016年12月ジャンヌ隊の姫井由美子先生がご自分の忘年会で聞いてたところ、
「動物虐待は110警察は動いてくれます。」は18人中16人が知らなかった。
これでは、虐待事件があっても通報もしてもらえません。
「愛護センターは殺処分所」は18人中12人が知らなかった。
殺処分される所と知らず里親を探してもらえると、勘違いし連れて行きそうですよね。

KIT⑩ 「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 10問編」 5枚 (20人×5枚=100人分)
KIT⑩ 「ジャンヌ隊 啓蒙活動記録シート 10問編」 5枚 (20人×5枚=100人分)

こちらは10問と時間が多少かかりますので、ゆっくりと友人と会うときなどにお使いください。
3問編と同じ用途になります。



PAGETOP